水引を使ったポチ袋ワークショップ

まごころ包みというポチ袋を作りながら、水引の実物も色々見て、触って体験します。

 

当日水引の購入も可能です。

 

講師には美結会(みむすかい)の方の有志数名(5~6名)に来ていただいて、水引に関するお話もお願いしています。

 

 

 

講師の中には伝統工芸士の方もいらっしゃり、現在坂の上の雲美術館で作品の展示をされているそうですので、お近くの方は、是非、ご覧になってみて下さい。

 

*ポチ袋はイメージで実際のワークショップでの完成品ではございません。

 

 

開催日時

2月17日 水曜日 13時から16時

スケジュールならびに会場

 

13:00~紙のまち資料館見学(〒799-0101 愛媛県四国中央市 川之江町4069−1)

資料館見学

 

車で移動が約5~6分。

 

13:30~妻鳥公民館で水引WS(〒799-0113 愛媛県四国中央市妻鳥町1480−2 妻鳥公民館)

ワークショップは約2時間くらい。

 

 

参加費用

1000円(内材料費500円)

*協会会員は無料

講師

美結会(みむすかい)の方の有志の方(5~6名)。

 

参加方法

協会会員の方は伝助より

 

一般の方はこちらからお申し込みお願いします。

紙のまち資料館

 

愛媛県四国中央市は、映画「書道ガールズ!」の生誕地として全国にその名が発信されましたが、書道用紙はもとより古くから良質の紙を生産する町として栄え、今では紙製品出荷額全国1位の紙のまちとして知られています。

 

 

四国中央市紙のまち資料館は、その歴史ある紙のまち四国中央市の紙に関わる中核施設として、地域をはじめ市県外からも多くの方が訪れます。

美結会(みむすかい)

 

地場産業の水引を子ども達に伝えようという思いから、地元の小学校の総合学習や、参観日、文化祭などに出向かれ、水引の製造工程や歴史を知り、水引にふれ、体験し、オリジナルの作品を作りを実施。水引結びの基本である、あわじ結びを子供達へ伝えている。